別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2013年6月6日木曜日

北条泰時と南都:興福寺の僧兵

鎌倉時代の大寺院は武装した多くの僧兵をかかえ、強大な勢力を誇っていたため、朝廷もその対策には苦慮していました。

源頼朝興福寺が支配していた大和国に守護を置くことはできませんでした。


『吾妻鏡』によれば・・・

1236年(嘉禎2年)10月2日、南都の僧兵が蜂起し、城郭を構えていることが判明します。

これに対して北条泰時は、大和国に「これまで置くことの出来なかった守護」を設置し、僧兵の荘園には「地頭」を設置して鎮圧しました。


※翌11月14日には、静かにおさまったことから、大和国の守護・地頭を止めています。




興福寺は、藤原氏の氏寺として創建された寺。

多くの僧兵を抱え、その強大な力で大和国を支配していました。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

この事件より前、1235年(文暦2年)5月23日には、石清水八幡宮興福寺が、薪と大住の両庄の用水問題で争いを起こしていました。

泰時は、この問題に六波羅探題を介入させています。





また、さらに遡って、1235年(文暦2年)正月27日、泰時は鎌倉中の僧徒の武装を禁止しています。

この頃、鎌倉の寺社にも僧兵がいたということなのでしょう。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

鎌倉との繋がりを求めて!
 奈良京都

 源頼朝


 鎌倉手帳


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

安心して利用するために!
 成年後見

農地・農業に関する情報!
 農地制度


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge