別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2017年8月15日火曜日

歩く鎌倉:寺社と景色と歴史と。

『鎌倉手帳』別冊
『okadoのブログ』


 鎌倉夏物語

・・・・・・・・・・・・・

最新情報はグーグルプラスで確認できます。


以下の項目をクリックして頂くと、投稿したものの「タイトル」が表示されます。

※学説によっては、このブログの内容と「異なる見解」を示しているものもあるかと思われますが、なるべく一般的なものを選んで投稿しているつもりです。ご了承下さいますようお願いします。


紅葉・黄葉



アジサイ



霊場巡礼

鶴岡八幡宮の大銀杏

その他

奈良・京都

富士山


 FB


・・・・・・・・・・・

 鎌倉ニュース


・・・・・・・・・・・

 鎌倉手帳

 鎌倉:寺社・史跡巡り


~源頼朝と源義経を巡る~

 奈良・京都

 奥州平泉

 信濃善光寺

源頼朝をめぐる大阪

以仁王の令旨は文覚が頼朝に届けたという噂!~伝説の八坂不動明王~

源頼朝が流人生活を送っていた伊豆国。

そこには怪僧と呼ばれた文覚も流されてきました。

後白河法皇に神護寺再興の訴えを起こしたことで、法皇の怒りを買ってしまったのだそうです。

 文覚上人荒行像
(鎌倉:成就院)

文覚は、元は遠藤盛遠といい、北面の武士として朝廷に仕えていました。

同僚の渡辺渡の妻・袈裟御前に懸想をし、渡を殺してしまおうとしたところ、誤って袈裟御前を殺してしまい僧になったという人物。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

伊豆国へ流された文覚は、頼朝が流されていたという蛭ヶ小島に近い奈古谷に庵を結んだのだといいます。

 毘沙門堂
(伊豆の国市)

毘沙門堂文覚が庵を結んだという場所に建つ堂で、頼朝はここで源氏再興の挙兵を勧められたのだといいます。

そして、1180年(治承4年)がやってきます。

京都では平清盛の人気は急降下。

そんな時、赦免されて京都に帰っていた文覚が、再び伊豆の頼朝の前に現れます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

伝説によると・・・

文覚は不動明王像を担いでいました。

この不動明王像は、八坂の塔が傾いてしまったときに、浄蔵貴所が祈祷の本尊としたもので、長く神護寺に置かれていたのだといいます。

文覚はその不動明王像に以仁王の令旨を隠して頼朝に届けたのだとか・・・

さて、その不動明王像は今どこにあるのか???

鎌倉の浄光明寺不動堂に祀られている不動明王像は「八坂不動明王」と呼ばれています。


 浄光明寺不動堂

浄光明寺源頼朝文覚に命じて建てさせた堂がそのはじまりとも言われています。

八坂不動明王は大晦日の晩、除夜の鐘が撞かれる頃に開帳されます。



948年(天暦2年)、八坂の塔は皇居の方へ傾いてしまったのだそうです。

それを法力で戻したのが浄蔵貴所だったのだとか。


 神護寺

神護寺は弘法大師ゆかりの寺。

平安時代後期には衰退してしまいますが、源頼朝の助勢を受けながら文覚が再興しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 歴史めぐり源頼朝

 源頼朝配流地

 奈良・京都

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

親族が集まるときに考えてみましょう!

 任意後見契約

 遺言

 尊厳死の宣言

2017年8月14日月曜日

源頼朝の挙兵~『吾妻鏡』が語る山木館襲撃~

1180年(治承4年)8月17日、源頼朝挙兵!。

1160年(永暦元年)3月11日、伊豆国の蛭ヶ小島に流されてから約20年後のことでした。

頼朝の標的は伊豆国の目代・山木兼隆。


 山木兼隆の墓
(伊豆の国市:香山寺)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

『吾妻鏡』によると・・・

攻めるに当たって北条時政は・・・

「今日は三島大社の祭礼。多くの参詣者がいるので牛鍬大通を行くと疑われるので、蛭島通を行くべき」

と進言します。

しかし、頼朝は・・・

「大切な事業(源氏再興の挙兵)の最初のことなので裏道を使用すべきではない。また蛭島通は騎馬では進めいないので大通を使用すべき」

と答えたのだそうです。


(三島市)

頼朝が挙兵した8月17日は三嶋大社祭礼の日でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

北条館を出陣した頼朝軍は、まずは原木の北方の肥田原へ進軍。

ここで北条時政は佐々木定綱に、山木兼隆の後見役・堤信遠を攻めるよう頼んでいます。

それを承知した定綱は、子の刻、弟の経高、高綱とともに牛鍬を東へ進軍。

堤信遠館を襲撃して信遠を討ち取りました。

一方、時政は天満坂を進軍して、山木兼隆館を攻めます。

そこに堤信遠を討った佐々木定綱、経高、高綱が駆けつけます。

さらに頼朝の命により北条館で留守をしていた加藤景廉、佐々木盛綱、堀親家らが駆けつけました。

そして・・・

盛綱と景廉が兼隆の屋敷内に入り、見事に兼隆を討ち取ります。


こんな感じだったのでしょうか・・・
山木館襲撃MAP

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 歴史めぐり源頼朝

 源頼朝配流地

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

親族が集まるときに考えてみましょう!

 任意後見契約

 遺言

 尊厳死の宣言

源頼朝挙兵!

(伊豆の国市)

1159年(平治元年)12月に起こった平治の乱に父源義朝とともに出陣した源頼朝

しかし、平清盛に敗れ、翌1160年(永暦元年)3月11日、伊豆国へ流されました。

流された場所は蛭ヶ小島だったといいます。

伊豆国での頼朝は、所領を持つこと、家来を持つこと、伊豆国の外へ出ることなどが禁止されていたようですが、乳母たちの援助によって、生活には困らなかったようですし、乗馬や狩猟は自由だったのだといいます。

伊豆配流の間、北条政子と結婚して大姫が誕生しています。

政子と結婚後は北条館に住んでいたようです。


 北条氏邸跡
(伊豆の国市)

約20年間を伊豆国で過ごした頼朝ですが・・・

とうとう源氏再興の挙兵をする時がやってきます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

『吾妻鏡』が伝える挙兵までの流れは以下のとおり。

1180年(治承4年)4月27日、以仁王が発した平氏打倒の令旨が届きます。

しばらく静観していた頼朝でしたが、5月26日、以仁王が源頼政とともに敗死(平等院の戦い)。

6月19日には、平氏が全国の源氏追討を計画していることが三善康信の書状によって報告されます。

康信の書状には早く奥州へ逃れるように書いてあったようですが、頼朝は、この報告によって、挙兵の決意をしたようです。

(※三善康信は、頼朝の乳母の妹の子といわれ、伊豆に流された頼朝に、月に三度、京の情報を届けていたのだと伝えられています。)

6月27日には、大番役の帰りに三浦義澄と千葉胤頼が北条館の頼朝を訪れています。

何が語られたのかは不明ですが、おそらく挙兵の事が話されたのかと・・・

(※三浦義澄は三浦義明の嫡男。千葉胤頼は千葉常胤の六男。)

8月2日、平等院の戦いに出陣していた大庭景親をはじめとする平氏方の武将が東国に帰ってきました。

8月4日、頼朝は、北条時政を呼んで山木兼隆を討つべく軍略を練ります。

頼朝は、この日以前に藤原邦通を密偵として山木館に送り込んで、館図や地図を作らせていました。

そして、この日、邦通が作成した館図と館付近の地図が届けられました。

その出来映えは、まるで現地にいるかのようなものだったといいます。

(※山木兼隆は、当時の伊豆国の目代)

8月6日には、山木館襲撃を17日と決定。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~信心深かった源頼朝~

7月4日、頼朝は、走湯権現(伊豆山権現)の文陽房覚淵を北条館に呼び出しています。

挙兵前に法華経を千回読むつもりでいたようですが、それを達成することが難しくなりました。

そこで「たとえば八百回読んだとしたら功徳をつむことはできるのか?」 と覚淵に尋ねたとのだといいます。

すると覚淵は「八百回でもご利益はあるでしょう」と答えたそうです。


 伊豆山神社
(熱海市)

古くは伊豆山大権現または走湯大権現とも称された社。

挙兵後、政子と大姫は伊豆山神社に身を潜めていました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~挙兵の前日~

挙兵の前日は一日中雨でした。

佐々木四兄弟には、8月16日に到着するよう言ってありましたが、未だに到着していません。

頼朝は、人数が集まらないので、明日の合戦を躊躇していたといいます。

しかし、日延べするにしても・・・

18日は、幼児のころから観音さまを祀って祈る日となっていますので、合戦はできません。

19日になれば、密事が世間にばれてしまうでしょう。

そして、佐々木四兄弟は、平家の家人渋谷重国に面倒をみてもらっているので、彼らに密事を漏らしたことを後悔したのだとか・・・。


 早川城址
(綾瀬市)

佐々木四兄弟(定綱、経高、盛綱、高綱)は、近江源氏・佐々木秀義の子。

1159年(平治元年)の平治の乱源義朝に味方して敗れた秀義は、藤原秀衡を頼るため奥州へ向かう途中の渋谷庄で渋谷重国に引き止められ、子らとともに重国の保護を受けていました。

早川城は重国の居城。

頼朝の弟阿野全成も匿われていたといいます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~挙兵の日~

8月17日の午後になって佐々木四兄弟が到着しました。

定綱と経高は疲れた馬で、盛綱と高綱は徒歩での到着です。

頼朝はとても喜びます。

そして、涙を浮かべながら、

「お前達の遅刻で、予定していた今朝方の合戦が出来なかった。残念である」と語ります。

佐々木四兄弟は、「洪水のため遅れました」と申し上げ、謝罪したといいます。


その晩、頼朝は山木館を攻めさせます。

加藤景廉と佐々木盛綱は、留守番として頼朝の傍らにいました。

まず、佐々木定綱、経高、高綱の三人が、山木兼隆の後見役堤権守信遠を討ちます。

このとき、経高の放った鏑矢が、平氏を征伐するための最初の矢でした。

その後、佐々木兄弟は、山木兼隆襲撃の軍に加わります。

頼朝は「戦が始まったら火をつけるように」と命じていましたが・・・、

その火がなかなか見えないので、留守の加藤景廉、佐々木盛綱、堀親家らを山木館へ向かわせました。

景廉には長刀を与え「兼隆の首を討って持参すべし」と命じています。

そして、盛綱と景廉は兼隆の屋敷内に入り、見事に兼隆を討ち取ります。

兵達が帰ってきたのは、18日の明け方でした。


(三島市)

挙兵した8月17日は、信仰していた三嶋大社の例祭の日。

頼朝は、源氏再興を祈願するため、百日間毎暁、日参していたのだと伝えられています。


 三嶋大祭り

毎年行われている三嶋夏祭り、今年から三嶋大祭りと改められています。

16日には頼朝公旗挙行列があります。


(伊豆の国市)

挙兵前には守山八幡宮で源氏再興の祈願を行ったといいます。

守山八幡宮は、北条館があった守山中腹に鎮座する神社。


 香山寺
(伊豆の国市)

山木兼隆が建立した寺と伝えられています。

香山寺には兼隆の供養塔があります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 歴史めぐり源頼朝

 源頼朝配流地

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

親族が集まるときに考えてみましょう!

 任意後見契約

 遺言

 尊厳死の宣言

板橋地蔵尊大祭と箱根の金銀の地蔵尊



8月23日、24日は小田原市板橋の旧東海道沿いにある延命子育地蔵菩薩(板橋地蔵尊)の大祭。

この日に参ると亡くなった身内と瓜二つの顔の人に出会えるのだとか・・・。



地蔵堂では、地蔵尊に蝋燭の供養を行ってもらえます。

上の写真の柱に「おろー」と書かれていますが蝋燭のこと。

※初日の23日には旧東海道沿いに多くの露店が並びます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~箱根の金銀の地蔵尊~

板橋地蔵尊は、ものと箱根の白銀山に祀られ、日金山の地蔵尊とともに信仰されていたのだといいます。

日金山の地蔵尊は源頼朝が信仰し、模刻像を造立して鎌倉に祀りました(現在は横須賀の東漸寺に安置されています。)。




頼朝と箱根とは深い関係にあります。

もしかしたら、板橋地蔵尊も頼朝が信仰した地蔵尊なのかもしれません。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

夏休み鎌倉計画!
 夏だ!休みだ!鎌倉だ!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

難しい成年後見人の解任!
 成年後見人の解任

安心して利用するために!
 成年後見


このブログを検索




Google+ Badge